ポルトガル口コミ

ジェロニモス修道院

 

1551年に主要ポイントが完成。この後も増築などが行われ、19世紀にようやく現存する形となったそうです。
入場料 大人10ユーロ、65歳以上は5ユーロ(パスポートを提示)
日曜日はポルトガル人のみ入場料無料です。
午前中入場券売り場は行列だったので、またベレンの塔に行きました。午後は空いていました。ベレンの塔→観取のモニュメント→ジェロニモス修道院の順に行かれることをお勧めします。
中に入ると中庭を囲む55m四方の回廊に目を見張ります。大航海時代の貿易による巨富を手にしたポルトガルの繁栄ぶりを伝えています。
西門から入るサンタ・マリア教会は荘厳で、かなり見事なです。併せて見られるといったことをお勧めします。


 

ベレンの一番の名所「ジェロニモス修道院」は、噂差し大きい行列。。
家をはこの日は「リスボンクレカ」の一日券使用でしたので、なかなかは「国立考古学博物館」の方へ並んで、こちらで共通券と引き換えしたので、修道院の大行列には並ばずに済みました。
(を使っても、そのような裏ワザ使用でも、考古学博物館の方も30分は並びましたが・・)
「回廊」は確かにドラマチックな☆1階と2階は別の建築家なので、ちょこっとデザインも違っており何周もしてきました。
「食堂」は割とシンプル、「サンタ・マリア教会」と「南門」はまず艶やかな。。
ちょと小雨がぱらついた時もありましたが、並んでも観る長所は十分あるスポットでした☆


 

発見のモニュメント

 

ベレンのテージョ川沿いにあるかすかに変わった形のモニュメントです。塔には大航海時代を切り開いた偉人達がモニュメントの両サイドに模られています。周囲でもおなじみのヴァゥコ・ダ。ガマやフランシスコ・ザビエルなどもいます。モニュメントの中には入る事もあり、エレベータ(有料)にのって塔の上に行くこともできます。エレベータの横に階段もあり、帰りは階段でおりましたが階段はタダだったのかもしれませんが真相は不明です。


 

「ジェロニモス修道院」の手前の公園の更に南側、「テージョ川」の見る間に近くに建っているモニュメントです。
想像することがしていたよりも半年も高さがあって、偉人たち一人一人をきちんと見学してきました。
屋上にも上がれますが、マイルームをは外観のみ見学。モニュメントの手前(北側)にある世界地図の中にある、ちょっと太め(?)のこの国地図も無事見学できました。
どちらもも日常つゆほども写真を撮影しない主人もアイフォンで写真撮りまくりで、相当気に入ってました(笑)。