イースター島詳細

 

イースター島(イースターとう)は、チリ領の太平洋上に規定する火山島。現地語名はラパ・ヌイ(ラパ・ヌイ語: Rapa Nui)。また正式名はパスクア島(パスクアとう、スペイン語: Isla de Pascua)と言い、"Pascua"はスペイン語で復活祭(イースター)を意味する(後節も参照)。日本では英称由来の「イースター島」と呼ばれる事がよくある。
モアイの建つ島として有名である。ポリネシア・トライアングルの東端に当たる。他の何よりも近い有人島まで直線距離2000km余と、周囲には殆ど島らしい島が存在しない絶海の孤島となっている。「ラパ・ヌイ」とはポリネシア系の先住民の文章で「広い大地」(著しい端とも)を定義する。かつては、テ・ピト・オ・ヘヌア(世界のへそ)、マタ・キ・テ・ランギ(天を見る眼)などと呼ばれた。このようなの名前は、19世紀の冒頭に本当はに島に辿り着けたポリネシア人が付けたことである。