バルセロナ口コミ

サグラダ・ファミリア教会Basilica of the Sagrada Familia

 

宴会午前11時頃から訪れたましたが快晴の中、サグラダファミリアを見学出来ました??外観の迫力と、重厚な建物に圧巻??快晴の空とのコントラストに感激しました??教会の中のステンドグラスも外からの光が入り込み素晴らしかったです。エレベーターを利用して上まで登りましたが想像してた程寒くもないし、バルセロナ市内を一望出来るので、登る利点が有ります。降りる時にはらせん階段をグルグル…目が回る位ですが、上から下を覗くと高さを実感出来ます。久しぶりな確認が出来ました??


 

春休みに子供と行きました。
春休みは混雑すると聞いていたので、開門1時間前に行ったのですが、何と当日券は事前予約で一杯のためか、発注しないとのケース。
焦ってそのような場でインターネット上からを見てみたら、奇跡的に9時から分2枚入園チケットのみ残っていたため、事なきを得ましたが、塔の上まで登るチケットは売り切れでした。寄合いが最初に決まっている方はオンラインでの事前予約をオススメします。
中は噂通りの壮大と繊細を併せ持つ良品な建物です。
若干、チケット代がわずかに大きいところが、考えものですね。


 

ピカソ美術館Museo Picasso

 

年末年始の旅行だったので、開館タイミング設定を調べて行きました。事前予約をしていなくて少し心配でしたが、大晦日の10時頃リンクで滅多に待たずに入る事ができました。
美術館はピカソの絵が年代順に展示されていて、いまひとつ有名な絵は存在しないというものの、きちんと見ていたら3道のり近くかかりました。
本場できちんと歓喜できて良かったです


 

閉館1時間前に到着。他の旅行客がSold Outと言われていたので、入れないと諦めかけたが、Articketを提示してみると、入館できた。これは、青年時代をバルセロナで過ごしたスペイン南部マラガ生まれのピカソが、あの頃描いた油彩やデッサンを所蔵しており、ピカソのルーツを探るということができる久々に出てきたものな美術館だった。そのうえ晩年の作品や版画なども展示され、常に変わり続ける賢才画家の軌跡というか壊れ方をたどることができた。