タンジェ詳細

 

タンジェ(ベルベル語: ??? ???? Tin Iggi, アラビア語: ????? ?an?ah, フランス語: Tanger, スペイン語: Tanger タンヘル, ポルトガル語: Tanger タンジェル, 英語: Tangier)は、モロッコ北部にある都市。人口は、約95万人(2014年)。ジブラルタル海峡に面した港町で、スペインやジブラルタルなどから高くフェリーが行き来し、国際都市として栄えている。タンジールの記も見られる。

 

フェニキア人によって設けられた交易拠点が起源となる。ローマ帝国(マウレタニア・ティンギタナ属州)、ヴァンダル王国、東ローマ帝国の支配を経てイスラム教勢力によって征服された。キリスト教徒によるレコンキスタ(再征服スポーツ)の進展にともない、1415年にはアフリカ北岸のセウタがポルトガル領に組み込まれ、タンジェも15世紀真ん中にはポルトガル領となった。17世紀中ほど、ポルトガル王女カタリナとイングランド王チャールズ2世の結婚による持参金代わりに一時的にイギリス領になったが、この後モロッコのイスラーム王朝によって征服された。
帝国主義の時代になると、モロッコがフランスとドイツの角逐の場となり、1905年にはフランスのモロッコ支配を阻止しようとするドイツ皇帝ヴィルヘルム2世がタンジェに上陸した。ここのタンジェ事件(第一次モロッコ事件)は翌1906年のアルヘシラス会議で妥協が図られたが最終的な決着はつかず、1911年のアガディール事件(第二次モロッコ事件)を経て、モロッコはフランスにひときわ保護国化され、タンジェは国際加減地域とされた。タンジェの国際コントロール化は第一次世界大戦での休憩を経て、1923年12月18日のパリ会議でフランス、スペイン、イギリスの三国による条約が締結され、同年6月24日より開始された。後に条約にイタリア、ポルトガル、ベルギー、オランダ、アメリカ、ソビエト連邦も加入した。
第二次世界大戦勃発後の1940年6月14日、スペイン軍はタンジェに侵攻し、一方的併合を宣言した。だけど世界大戦終結から半月後の1945年8月31日、タンジェは国際コントロール地域に復帰した。1956年10月、条約加盟各国はタンジェの国際管理終結を決定。1956年12月31日をもって国際コントロールは終わり、タンジェはモロッコに復帰した。復帰に当たり、1960年4月18日までの期限付きで外国為替のや貿易に関する特別措置が採られている。