鹿児島口コミ

仙巌園

 

大河ドラマやブラタモリでも取り上げられて気になっていたので、朝一番で訪問。車で来たが、朝一番であれば駐車スペースの怖いもないし、入場者も弱いのでゆったりと見られる。お屋敷や尚古館は開園直後は開いてないが、間も無く入れる。お屋敷の噂員は総じて最高に慎重。奥の庭園、土産物屋、綺麗なトイレなどが要審査。


 

あんまりの方が来られる場所だと思います。
私も3度目の訪問です。
前回、改修の為、御殿を見れなかったので、今回は朝9時の開場から、見学。せごどんのまんまのお屋敷です。
御殿の下調べも含めて大人1300円も高値でないと思える庭と建物なので、鹿児島来たらふり返るとにはいかんと。と思います。


 

桜島

 

フェリー乗り場に車を置き、桜島へ。 行ったのは良いのですが、観光スポットひとつひとつがだいぶ離れていて、すごく見きれず、入口のビジターセンターだけで帰る場合に。 レンタカー毎、行けばよかったかなとちょっとガッカリです。


 

桜島が噴火するとなおさら雄大な活火山だと思います。
昔は、桜島と言われる様に島だったようですが、100何年か前に、大噴火が有り
島ではなくなり半島に成ってしまいました。鹿児島の城山の展望台から桜島を見ると
錦江湾に浮かぶ奇麗な桜島が一望出来、かなり奇麗です。
更にまた、朝日が鹿児島市内に光を放つ姿は、素晴らしくです。


 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

 

 

 

サイト内検索

 

↓↓↓ 行きたい寄港地・ピースボートについてなどを検索可能 ↓↓↓

 

 

関連ページ

 

 

 

人気ページ

 

 

 

関連商品

 

古市憲寿さんが書いた格安で行ける世界一周クルーズの
ピースボートについての本になります!

 

希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書) [ 古市憲寿 ]

946円

 

格安で行ける世界一周クルーズのピースボートについての絵日記!

 

水彩スケッチ地球一周の旅 ピースボート101日の絵日記 [ 久山一枝 ]

2200円

 

格安ピースボート・世界一周クルーズ
無料資料請求内容写真と無料メルマガのイメージ画像

 

1、クロネコメールにて来ます

(※透明な封筒なため外からは丸見えです。)

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

2、体験談・コース紹介

写真がきれいで見ているだけでワクワクします♪

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

3、ピースボートについて

かわいいイラストと写真でピースボートの説明をしてあります♪

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

4、説明会についてのチラシ

あなたの街で説明会♪

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

5、ボランティアについてのチラシ

安くおさめたい人にはおススメ!!

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

6、全国で開催される説明会のスケジュール一覧になります♪

カラフルで見やすくなってます〜

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

7、ボランティア説明会についてのチラシ

全国で開催される説明会の一覧になります。

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

8、予約から出発までの手引書

分かりやすく書かれていて、申し込み書と切手不要の封筒があります♪

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

9、船上でのイベント紹介チラシ

船は移動するのみではありません!!

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

10、これで全ての資料になります♪

沢山ありますね♪

 

 

ピースボート地球一周の船旅

無料で資料請求はこちら!

 

無料で電話で相談できます

 

下記画像はあくまでもイメージになります。

 

 

無料でメルマガも登録できます

 

メールにて無料の情報が送られてきます!

(※希望しなければ来ません)

 

下記画像はあくまでもイメージになります。

 

 

少しでも興味があるのでしたら
ここから資料請求をしてみましょう!

 

1日約1万円で行く格安ピースボート世界一周クルーズ
無料資料請求の3つの特典

 

下記画像はあくまでもイメージになります。

 

 

 

少しでも興味があるのでしたら
ここから資料請求をしてみましょう!

 

 

高校受験の勉強を久しぶりに
世界一周クルーズ中にしてみたらどうでしょう?

 

 

 

Twitter